読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dance to Death:死に舞 on the Line

Music and Game AND FUCKIN' ARRRRRRRRT 今井晋 aka. 死に舞(@shinimai)のはてなブログ。

■Minecraft / C418 ゲーム界のインディームーブメントとBandcampの密接な関係

なんとなくBandcampのトップセールスを見たら、マインクラフトのオフィシャルサントラがリリースされていた。一聴して素晴らしいバロック風アンビエント。基本的にはピアノの鍵盤の音のようだけど、よく聞くとチップ的にデフォルメされている。その塩梅が素晴らしい。まさにマインクラフトのような四角いブロックで出来たサウンドスケープだ!


ていっても俺はまだマインクラフトやったことない(笑)。井上さんに勧められたからやろうとは思っているが、このサントラから入るのもアリかなと。

マインクラフトについて知らない人もいるから簡単に説明しておこう。マインクラフトはブロックを配置して自由に世界を組み立てるゲームなんだけど、ゲームの内容はともあれNotch(マルクス・ペルソン)という個人クリエイターが一人でベータ版を延々と作り続けながら徐々に人気を獲得、インディーゲームとして前代未聞の成功を収めたケースである。詳しくはこの辺の記事などを参考にしてください。

http://www.4gamer.net/games/126/G012627/20120117052/

日本ではあまり話題になることもないゲーム界のインディームーブメント。実のところ現在のインディー音楽シーンの要であるサービス、Bandcampと深いところで関わっているのだ。というのはBandcampが音楽配信プラットフォームとして注目を浴びたきっかけはBastion、Sanctum、 Machinarium、Terraria、Plants vs. Zombies、Limbo、Super Meat Boyといった海外人気インディーゲームのデベロッパーたちがBandcampで音源を公開し始めたことにあったのだ。まあこの辺、以前に東京工科大学での授業準備のためにWikipediaで調べたこと受け売りなんだけどね。

http://en.wikipedia.org/wiki/Bandcamp

ともあれ、そんな海外インディーゲームシーンは何もPCゲーム内で盛り上がっているだけではなく、iOSやAndroidといったモバイル上のオープンプラットフォームでも活躍しているのだ。Plants vs. Zombiesあたりは日本でも有名かと思う。まあそもそもPCゲームもSteamというプラットフォームが完成したことによって、インディーゲーム界が活況を賑わしている。すでに個人クリエイターがユーザーへとコンテンツをほぼ直接ディストリビュートすることが当たり前になってきたんだが、日本では状況は遅々として進まず、やれGumroadがすごい、いやあれは怪しいとか、ほとんどお笑い種だ。

音楽はゲーム以上に軽いコンテンツである。だから、この状況はすでにiTMSである程度、出来上がっていたと言えるが、よりクリエイターにやさしいBandcampの登場に更に加速した模様。なんて言ってもBandcampは売上からたったの15%しかクリエイターから取らないんだよ!あまりにも安くて、俺30%と勘違いしていて、今、調べなおしたし(笑)。ってことで、Bandcampにゲームデベロッパーがサントラを公開し、販売する流れはすでに出来上がっているし、そもそもゲームのための音楽の素材を探すためにBandcampが利用されていることも最近ではよくあること。仕事上、海外のゲームなどもダウンロードしまくっているが、クレジットにFacebookやBandcampのアーティストのサイトが書かれているのを何度か見たこともある。さらにUnityなどのマルチプラットフォームゲームエンジンでは3Dモデルやプログラムの一部などがアセットとして流通している市場があるというから、音楽も当然ゲームの一部として今後は市場を形成することは間違いない。

日本には日本の文脈があり、それが作るカルチャー自体は面白いところもある。だが、このコンテンツ市場のオープンプラットフォーム化の現状を見ていると、本当に孤立する一方なんじゃないかと思えてしまう。秋葉原にあった同人ゲームショップも潰れ気味になっているので、個人的には日本のクリエイターのゲームも今後はSteamとかで配信されたり、iOSやAndroidでプレイできたりしたらいいのだけど。

まあそもそもBandcampの日本語Wikipediaもないし、マインクラフトについても日本のメディアもほとんど取り上げていない。ソーシャルゲーバブルとかGumroadとかどうでも良くなる未来が見えているはずなのに、なんだかモドカシイ思いをしながらマインクラフトのサントラを聴くのであった。

 ちなみに以前の授業のスライドを埋込んで公開してみます。こういう授業もやったりしているので、何か仕事があればご一報ください!お仕事お待ちしております!!!(急に営業モード笑)